中古車購入体験談

 私自身の体験談をふまえて中古車についてお話したいと思います。
今の時代、必ずしも新品でないと駄目という人より、中古品でも質が良くそれなりに使えるものならば構わないという人の方が増えているのではないでしょうか。

車も同様に、中古車の市場はかなり増えてきていると思われます。勿論新車で買えるに越したことはありません。
ですが決して安くない買い物です。若い方なら一括で買うのは難しいでしょうから毎月のローンの返済、維持費、保険代...車を持つには様々なお金が掛かります。
少しでも支出は抑えたい、ですが粗悪品は買いたくない。当然ですよね、なにせ命を乗せるのですから。

中古車と一言で言っても様々です。状態や価格は勿論、走行距離や傷の有無なども気になります。事故歴があるかもしれません。
これからお話するのは、私が中古車を買うにあたり経験した「失敗談」です。

数年前、私は祖母から譲り受けた車を使用していました。ツインというスズキの2人乗りの軽自動車です。かなり小型で小回りが効き、ちょっとそこまでという人には丁度いいかもしれません。ですが室内は天井も低く狭いですし、トランクといえるほどのスペースはほぼありません。(多少の荷物は積めますが)長距離なんてとてもじゃないですがきついです。
私は昔から大型の車が欲しかったのですが、社会人になったばかりで新車を買う余裕もなく、中古でいい車がないか探していました。

ある時交際相手の知り合いのお店を紹介してもらい、希望に沿った車を探して貰うことになりました。
私の希望は、赤のワゴン車。車種でいうと、ホンダのステップワゴンがいいなと考えていました。車の知識がほとんどなく、単純に見た目と大きい車がいいという理想だけで考えていた感じでした。

探し方はお店のパソコンで、ネットで調べて写真や情報で選択する方法です。
今や中古車はネットで探すのが当たり前かと思いますが、当時は少々抵抗がありました。だって現物がないですから、細かい部分や実際の乗り心地は分かりません。(同じ車種の別の車に乗れば乗り心地位は大体分かるのでしょうけど)なので、実際実物に触れないのは嫌という人は、展示されている中古車の中での買い物になるのでネットを利用しての買い物よりかなり制限されるかもしれません。
服や小物ならという人でも、車となると慎重になるのは当たり前だと思います。私もそうでした。ですがお店が交際相手の知人ということもあり、多少はそれを信用しすぎていたかもしれません。
結局、赤のステップワゴンに決定しました。走行距離は7~8万キロだったでしょうか、総額50万程度でした。写真で見てとても綺麗な赤だったので、これならと思いました。

車を買った事がある方なら分かるかと思いますが、車選びから納車までが一番の楽しみです。やっとあの小さい車から大きな車に変わる、遠出も楽にできる―――。車は一種の自分専用の部屋のようなものでもあり、自分だけの空間でもあります。広い車内はさぞ快適で運転もし易いだろうな。デッキもいいのをつけたい。
私は音楽を聴くのが大好きなので、オーディオ機器にも興味がありました。中古でもそこそこの走行距離でこの値段だし、いい買い物ができたかな、と思っていました。

そして納車当日。意気揚々でお店に向かい、店の外側に止まっている一台のステップワゴンが目に留まりました...が。
(あれ、もしかして私の車...?)
見て愕然としました。色味が写真と全く違ったからです。

私の想像していた赤は、明るい色味の赤。ミラノ・レッドといわれる赤を思っていたのです。が、実際に停まっていたのは赤というより小豆色。バスクレッド、ワイン色といいますか、とにかく私の希望の赤ではなかったのです。
それだけでもかなりショックを受けましたが、運転しても違和感が。ハンドルが片側にとられる気がして、凄く気になりました。

結局その車は1年足らずで手放しました。何より、写真と実物の色の違いが大きかったです。第三者から見れば、色位で...と思う方もいるかもしれません。ですが初めて自分で買う車、憧れの大きな車でしたので、期待も大きかったのです。私も実物をディーラーなどで事前に調べておけば良かったのですが、当時はそこまで考えが至らず、知人に任せていた部分もありました。

中古車をネットで探す時は、店を回る場合でも直接買う場合でもまず先方に気になる所は詳しく聞く事が大切です。
できれば、同じ車種を実際に見に行き乗車してみるのがいいかと思います。あまりに安い価格の場合は、事故歴等の訳あり品ではないか入念に確認しておく必要があるでしょう。
私の様に、写真と実物とでは色味が違うというのは撮影場所や撮り方の違いで仕方ない所もあるかもしれません。やはり実際の色を確認しておくのが一番確実でしょう。

中古車は新車よりも手軽に買えていいと思うかもしれませんが、新車を買う時以上に慎重になる必要があるかもしれません。

「イタリア車は壊れやすい」は迷信だ
中古車で四駆を買うメリット